老化予防をするならアンチエイジングクリームを使おう

肌の奥へ効果が届く

コスメティック

ビタミンCのままではNG

肌の健康のために昔から変わらぬ人気のある成分のひとつにビタミンCがあります。そのため昔の女性は生の果物や野菜の輪切りを直接顔の上に貼り付けていたこともあったほどです。これはもちろん果物や野菜に含まれるビタミンCの効果を期待して化粧品代わりに用いられたものですが、こうした方法はむしろ美肌のためには逆効果であることが現代の科学ではわかっています。野菜や果物でなく、薬局で買うような純粋なビタミンCであればよいかというとそうもいきません。ビタミンCを直接肌に塗布して日光にさらされると肌に赤みや発熱・色素沈着などのトラブルが起こる可能性があるのです。肌へのビタミンCの補給には、ビタミンc誘導体の形で配合された化粧品がおすすめです。

肌に優しく浸透性も高い

ビタミンCをそのまま用いず、ビタミンc誘導体という形にして使うことには炎症を防ぐ以外にもメリットがあります。ビタミンCをそのまま肌に塗ると肌表面を乾燥させてしまうのです。せっかく肌の機能をアップしようとビタミンCを使ったのに反対に乾燥から小ジワの原因になったり、皮脂の分泌機能が混乱して過剰に皮脂が分泌されるもとになったりします。ビタミンc誘導体配合の化粧品なら、安定性の高い形になっているのでそうした心配はありません。さらに、ビタミンc誘導体はビタミンCと比べて非常に高い浸透力を持っています。ビタミンCの分子のままでは肌の奥へは入っていけませんが、化粧品に配合されたビタミンc誘導体は肌の内部まで浸透します。