老化予防をするならアンチエイジングクリームを使おう

乾燥したときの対策

化粧品

乾燥の原因

シワやたるみの原因のひとつが乾燥だといわれています。そして、乾燥が老化を進行させてしまうことになります。冬の乾燥した季節には、乾燥肌にかたむきやすくなります。夏でも油断はできません。紫外線やエアコンにさらされた肌は、乾燥肌にかたむきがちです。乾燥肌を悪化させないためには、日中の紫外線や乾燥した空気のような外的刺激から、肌を守ることが重要です。さらに、保湿をこころがけたいものです。朝は、たっぷりの化粧水を与えましょう。ケアの基本は手間をかけることです。化粧水は角質層にまで届くように、丁寧につけましょう。化粧水をつける際にはコットンを使う、手のひらを使うといった方法があります。これはどちらも正解です。心地よいと感じるほうでつけましょう。

シンプルケアとは

乾燥肌にかたむいているときの化粧水は、普段使っているものを使うのが安心です。化粧水をかえると、刺激になってしまうことがあるからです。より攻めの効果がある美白化粧水などを試してみたいときは、肌の調子がよいときに試してみましょう。化粧水以外のスキンケアも、乾燥肌にかたむいているときにはシンプルケアをこころがけたいものです。基礎化粧品は、化粧水のあとは乳液までにするのが基本的です。美容液などは肌の調子がよいときのごほうびアイテムとしましょう。美容液を使わないことによって、摩擦を少なくすることができます。乾燥肌にかたむいているときにはとにかく化粧水をたっぷりと与え続けて、乾燥した肌を潤いあふれる肌に導きましょう。